在宅コールセンター業務

弊社では在宅オペレータを利用した受電・架電業務の提案を行っています。
ニーズに合わせて従来型センターと在宅のハイブリッド運用が可能です。

在宅コールセンターの活用例

  • 繁閑対応: TVCM放映直後2時間の架電が集中するときだけ利用したい。
  • BCP対応: 災害時、従来型センターの継続が困難なときも業務の継続が必要。

※他にもこんな活用法があります

大量受電    : 回線数は無限に拡大可能です。
効率的な運用  : 「電話が集中する時間帯のみ」など1時間からの対応が可能です。
柔軟な受電体制 : 早朝・夜間も含め時間・回線数など必要に応じ、柔軟な体制でお受けします。
有資格者の対応 : 相談窓口として、栄養士・薬剤師など資格をもったオペレータによる専門分野に特化した対応が可能です。

在宅コールセンターとのハイブリッド運用フロー

受電体制例